痛みが強く、やむなく「抜髄(いわゆる神経を抜くこと)」となったケースです。

根管(神経が入っている管)が大変細く、湾曲もあり難しい治療でした。
根っこの尖端まできちんと根管充填(お薬を詰めること)ができています。

根管治療の例