治療前

最初に拝見した時点でムシ歯が深く、すでに「歯の神経」にまで到達していました。
このような状況ですとムシ歯菌が歯の内部に浸透していますので、抜髄(いわゆる「神経を抜く」こと)という処置が必要になります。

治療後

治療後はこのような様子になっています。
一本の奥歯に対して、神経の管(専門用語では「根管」)が合計4本あったのですが、それぞれ根の先端まできっちりとお薬が詰められているのが写真に写っています。

神経の治療は目立たない、地味な治療ですが、先々の歯の寿命を延ばすために、おろそかにできない治療分野です。

この後、穴があいた歯を修復する処置に移っていきます。