今回ご紹介するのは、「ダイレクトボンディング」という治療の一例です。

ダイレクトボンディング・治療前

この写真で黒っぽく見えているのが、以前に治療を受けられた金属の詰め物です。
経年劣化でところどころ崩壊し、中でむし歯が進行していました。

ダイレクトボンディング・治療中

金属の詰め物と、むし歯を顕微鏡(マイクロスコープ)で見ながら慎重に除去していきます。
むし歯の部分だけを除去するので、あえてスムーズな形にはしておりません。
ダイレクトボンディング・治療中

新たにつめる処置をする(充填)前に、ラバーダムを設置します。
ラバーダムを行うことによって、唾液の影響を完全に排除し、確実な接着が可能になります。

ダイレクトボンディング・治療中

充填が終わりました。
この後、形態修正と研磨にかかります。

ダイレクトボンディング・治療後
研磨まで完了しました。
かみ合わせも問題なく、治療を完了しております。

治療に要した回数は1回、所要時間は二本分で90分でした。
健康保険適用外のコンポジットレジンを用いております。