京都市中京区・四条烏丸の愛歯科医院公式サイトです。四条駅・烏丸駅から徒歩1分。マイクロスコープを活用した精密治療、インビザライン矯正、予防歯科、口臭外来を行っています。カウンセリングをしっかりと行い、時間約束制のスケジュールを組んでいます。一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科。

親知らずについて

親知らずとは

親知らずとは、親不知・智歯ともいい、いちばん奥に生えてくる歯のことをいいます。
医学的には第3大臼歯、あるいは8番と呼ばれます。
8番となるのは、顔の真ん中から数えると8番目の歯になるからです。
親知らずと呼ばれるのは、生えてくる時期が10代後半から20代になることがもっとも多く、その頃には親も子どもの口の中を注意して見なくなるから、と言われています。
そして智歯、英語ではWisdom Teethと呼ばれるのは、分別もついてくる年頃に生えてくる歯だからと言われています。
ちなみに韓国語ではサランイと呼ばれますが、直訳すると「愛の歯」になります。
これは、恋愛や結婚をするような時期に生えてくるからそう呼ばれるようになったと聞いています。

多くの方では、顎の大きさとの関係からまっすぐに生えないことが多く、いくつかのトラブルの原因になります。

親知らずによる症状や悪影響

むし歯
 まっすぐに生えずに横向きに生えてしまうと、手前の歯との間に食べ物が詰まって、むし歯になります。親知らずそのものがむし歯になることはもちろん、手前の歯がむし歯になるリスクが高くなります。親知らずの位置や生え方によっては、治療器具がちゃんと届かないことが多く、その場合は通常のむし歯治療を行うことができません。
歯ぐきの炎症(智歯周囲炎)
 親知らずの周りの歯ぐきが炎症を起こすことが多くあります。
 炎症がひどいと口が開けられないくらいに腫れることもあります。
噛み合わせの不調和や、顎関節症
 上下の親知らず同士だったり、親知らずと他の歯との噛み合わせがうまく行かず(引っかかってしまったり)、口を開け閉めする顎の動きが正常に営まれなくなることがあります。そのために、顎の関節に痛みが出たり、動かしにくかったりというようないわゆる顎関節症の原因になることがあります。

親知らずの検査

 ドクターが見て触って(視診・触診)することがまず第一歩です。
 ただ、これだけでは親知らずの根っこがどうなっているかが分かりません。
 X線写真検査(いわゆるレントゲン)が必要です。パノラマ

 時に、CT(コンピュータ断層撮影)を行うことがあります。
 X線写真検査なしに、親知らずに対する診断はできません。診断ができないということは、対処法も決められない(処置方針を決められない)ということになります。

親知らずに対する処置(治療)

 ほとんどの場合、第一選択は抜歯となります。
 愛歯科医院での通常の診療内容として、親知らずの抜歯を行っています。
 親知らずが存在している位置が、顎の骨の中で深い位置にある場合など、抜歯が困難な場合は連携している専門の口腔外科へ紹介することがあります。

 なぜ親知らずは抜歯が第一選択になるのかというと、親知らず自身の問題を解決するためであることがまず一番の理由です。
 また、親知らずの手前の歯(第2大臼歯/7番)を守るためでもあります。
 親知らずを抜くことを躊躇したがために、7番の神経を抜くことになってしまった、ということを避けたいと考えます。
 つまり、親知らずを抜くことが、他の歯、そして口と全身の健康にとって、いわば予防行為になると考えています。

親知らずを残しておくこともある

 もちろん、まっすぐ生えていて上下でしっかり噛み合っており、むし歯にも歯周病にもなっていない親知らずは抜く必要がありません。
 プラークコントロール、つまり歯みがきがきちんとできているかどうかがポイントです。
 その他、第2大臼歯があまり長くもちそうにないとか、また別の歯がダメになりそう、といったことが予見される場合、抜歯対象の親知らずをあえて残しておくことがあります。将来に自家歯牙移植という治療を選択する可能性があるためです。

自家歯牙移植10年後

診断のために

 親知らずについての診断を行うためには、実際の診察や検査が必要です。
 抜くべきか残しておいてもいいのか、ということについては、診察した上ではじめてお答えすることができます。

京都市中京区 四条烏丸の顕微鏡歯科 愛歯科医院 院長 金明善

「院長ブログ」でも、親知らずに関する投稿があります。こちらも参照してください。

親知らずを「抜いた方がいい」と判断できる4つの場合
親知らずを抜くときどこまで回数を減らせるか
親知らずが手前の歯を押さえ込んでしまう場合がある
自家歯牙移植・10年経過したケース

TEL 0120-768-118 月・水・木・金 10:00〜13:30 14:30〜19:00
火・土 9:30〜13:30 14:30〜18:00

PAGETOP
Copyright © 愛歯科医院 All Rights Reserved.