治療例

治療例1:神経を抜かずに治してほしい

患者さん情報

性別 女性
年代 30代

治療情報

症状 お痛みなどの症状はありませんでしたが、検査の結果、深いむし歯があることが分かりました
治療方法 MTAを使用した歯髄温存療法を行い、ダイレクトボンディングで修復する方針としました
費用 8万円(消費税別)
備考 手前の歯と接するところのむし歯が深かったため、一回目はそこを処置しました。二回目で歯髄温存療法を行い、三回目で最終のダイレクトボンディングを行いました

治療の詳細

久しぶりの歯科受診で検査を行ったところ、むし歯が見つかりました。
奥歯に深いむし歯があります。すでに歯の神経にまで到達していそうに見受けられます。
ご相談の上、歯髄温存療法で治療を行い、可能な限り歯の神経を残していけるようにという目標を立てました。

治療を開始してからむし歯を除去していくと、当初の想定通り歯の神経に届きました。
この時点で「神経を抜く」という治療方針をとったとしても、医学的には妥当です。
数分経つと自然に出血がおさまりましたので、歯の神経を残せる可能性は高い、つまり歯髄温存療法が実施できると判断しました。

MTAで露出した神経を覆います。今回の場合は2カ所ありました。

後日ふたたびご来院いただき、深いな症状(痛みなど)がないか確認します。幸いなことになんの症状もなく、歯髄温存療法はひとまず良好に推移していると判断できました。ダイレクトボンディングで修復を行い、治療完了といたしました。

その後も定期メンテナンスでご来院いただいており、この歯についても経過観察を行っています。治療後約4年、問題なく経過しています。今後とも引き続き慎重に経過を観察してまいります。

補足事項

・本ページに記載されている情報は、治療が行われた当時の記録に基づいています。
・歯科治療には不確実性があり、また、個別の状況は千差万別です。「これと同じ治療を」とご希望の場合において、必ずしもお応えできるとは限りません。
・掲載されている治療費には、初診料、検査料、他の歯の治療費などは含まれていません。
・治療費の改訂を随時行っております。これから治療を行うにあたってご提示する金額は、掲載されている額と異なる可能性があります。

-治療例

Copyright© 愛歯科医院 , 2022 All Rights Reserved.