院内設備のご紹介

歯科用CT装置

歯科用CT(コンピュータ断層撮影)装置です。
パノラマ、セファロといった通常のX線写真に加えて、歯や顎の骨を内部まで3次元的に撮影することができます。
撮影された画像はコンピュータ処理により、立体画像として再構成することができます。
あらゆる角度から分析・診断をすることが可能になり、より確かな診断・治療に役立てることができます。

マイクロスコープ

ライカ製マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)です。
最大20倍の拡大倍率により、肉眼では見ることができなかった、歯の微細構造を確認することができるようになります。
顕微鏡歯科医療は治療成績の向上のために、必須のものだと考えています。

口腔内スキャナー iTero element 2

口腔内スキャナー iTero Element 2

歯の形、歯並びの状態を三次元的なデジタルデータとしてスキャニングする装置です。
従来の「型取り」に代わる役割を果たしてくれます。
インビザライン矯正はもちろん、インプラントやかぶせもの(=クラウン)の治療過程にも活用できます。

スペースライン feel 21

人間工学に基づいて設計され、治療を受ける側にも提供する側にも最適な歯科診療ユニットです。精密でやさしい治療のための、欠かせない環境です。

スペクトロシェード

撮影した歯の画像から、その歯が持つ固有の”色(シェード)”をデジタル処理して表示する機器です。審美歯科治療において効果を発揮します。複雑な歯の色を、再現性を持って記録することができます。

口腔内写真撮影用 デジタル一眼レフカメラ

歯や歯ぐきの姿をデジタル画像で記録します。
治療前の姿と治療後の姿を写真で見比べることで、より美しく健康になったお口を確かめることができます。

ウォッシャーディスインフェクター

ウォッシャーディスインフェクター

器具に付着したたんぱく質などを除去する予備洗浄から、本洗浄、すすぎ、熱水消毒までを一度に行える洗浄装置です。
手洗いによるケガや感染のリスクを大幅に軽減できるだけでなく、一度に大量の器具を洗浄・消毒できるため、スタッフの業務効率化にもつながります。
診療で使われた器具類は、ウォッシャーディスインフェクターによる洗浄・消毒のあと、オートクレーブにより滅菌工程に入ります。

クラスBオートクレーブ

クラスBオートクレーブ

治療に用いる器具類を滅菌できる高性能な滅菌器です。
高温高圧の蒸気を器具の内部にまで行き渡らせることで、細菌・ウィルスなどを除去します。
愛歯科医院ではこのほかに、さらに2台のクラスNオートクレーブを備えています。

2021-08-18

Copyright© 愛歯科医院 , 2021 All Rights Reserved.