ダイレクトボンディング

顕微鏡歯科治療

こちら(↓)のページで説明したように、むし歯の除去がしっかりできて、歯髄(歯の神経)を保護することができたら、次の段階である修復に移ります。


歯髄温存療法

通常であれば「神経を抜く」ことになる深いむし歯でも、条件がそろえば「神経を残す」ことに力を入れています。マイクロスコープとMTAを活用して行う歯髄温存療法について解説します。

むし歯によって失われた歯の形と機能を回復するには、いくつかの方法があります。

  1. ダイレクトボンディング
  2. インレー/アンレー
  3. クラウン

その中でまずこのページではダイレクトボンディングについてご紹介します。

ダイレクトボンディングとは


ダイレクトボンディングとは、お口の中で歯科医師が直接、歯の形態を修復する方法の総称です。
国内外に数ある製品の中から厳選し、できるだけ精密に、そしてキレイに仕上げるようにつとめます。

セラミックインレーと比較すると、次のような特徴があります。

治療回数 比較的少ない
削除量 比較的少ない
費用 比較的少ない

ダイレクトボンディングのデメリット


詰め物それ自体の強度という点でみた場合、セラミックや金属と比較して弱くなります。
しかしながら、歯を削る量を少なくしつつ治療を終えることができれば、結果として長持ちさせることができるという面もあります。
歯を削る量が少なければ、将来のいつか、再治療が必要になるとしても、その難易度を下げられるというメリットがあると考えています。

ご注意いただきたいこと

健康保険適用外の診療になります。
治療成績を100%保証することはできません。
ダイレクトボンディングが可能かどうかは、歯科医師の診断のもと、医学的判断によって決まります。患者さんのご希望のみによって決めることはありません。
愛歯科医院ではいわゆる「ドックベストセメント(Doc's Best Cement)」による治療は行っておりません。

このような方に選ばれています


・できるだけむし歯が再発しないような治療を受けたい
・歯を削る量が少ないような治療を受けたい
・奥歯の銀歯を白くしたい


診療のお申し込みはこちら

クリックで申込みページへ移動

2022-03-16

Copyright© 愛歯科医院 , 2022 All Rights Reserved.